借金生活から脱出しようと決めた二児を抱えるパパとママの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旦那の借金
2006年02月06日 (月) | 編集 |
私の名義の借金も、旦那の名義の借金もほとんど原因は
ギャンブルです。
私のほうは個人再生にしたのに、なぜ旦那のほうは
個人再生しなかったのか・・・。
しなかった・・・というより出来ませんでした。
返済でいっぱいいっぱいの生活ですので法的手段を
とらなければいけないレベルでした。
もちろん夫婦で個人再生しようと試みました。
でも、問題がいくつか出てきてしまいました。

まず、旦那の借り入れの一社に「労金」がありました。
労金は会社に組合があるようでしたら、取引すべて
(貯金、借り入れ)まず会社にばれます。
労金と組合のつながりは強くて・・・たとえば
「返済が遅れた」ことも組合に話がいきます。
我が家でも過去に返済日に引き落としができなかったことが
ありまして、そのことを同じ職場の組合役員の方が知っていました。
それって個人情報だよね~。(まだ個人情報保護法ができる
前でしたが)ってかんじで労金に文句いってみたりもしましたけど
労金と組合のつながりってそういうものみたいです。
組合に情報が入るということは会社全部に知れ渡るのも
時間の問題。
組合役員も返済おくれた程度では言いふらすことも
ないでしょうけど、個人再生したとなると・・・。
もし噂になれば、たとえクビはまぬがれても旦那が職場に
居づらいですもんね。そのために転職なんてことになっても
さらに大変なことになるので旦那の個人再生は見送ることに
しました。

そのことを相談していた弁護士さんに言うと
「労金は抜かすことが出来るかも・・・」
という返事が。
労金が抜かされれば、二人一緒に出来るかも・・・。

そしたらすぐに第二の問題にぶつかりました。
旦那の給料振込みの銀行にもカードローンの残がありました。
個人再生すればすべての借り入れを申告し、
すべての借り入れを個人再生するのでもちろんその銀行も
ひっかかります。(労金だけが抜かせることができるかも・・
といった弁護士さんの言葉がいまだに不思議なのですが)
給料振込みの口座なので、公共料金、学費・・・
すべてがそこから引き落としされるようになっています。
個人再生の手続きをすると銀行側が口座を凍結してしまう
そうなのです。(ローンがある銀行だけです)
えっ・・・。そうしたら引き落としの分は・・・
もちろん引き落としされません。
だったら、給料口座を別の銀行にしてもらって
引き落としの分もそっちに変更して・・・と考えました。
うまい考えだ!!と思っていたら、子供の学費の引き落とし口座が
その銀行のみだったのです・・・。

こんなわけで旦那の個人再生は進めることが出来ませんでした。

弁護士さんに旦那のほうは債務整理を進められましたが
借り入れ期間が短い
借り入れが銀行が多いため利息が安い
ので、過払いもほとんどないのでは・・・
と考えまだ進められずにいます。
厳しい状況ですが、とりあえずは
このまま返済していくつもりでいます。


ランキング参加中
一日一押しよろしくお願いします。
   ↓











スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おはようございますi-187
モカちんさんの旦那様の分、そういう理由があったんですね~。
会社バレは本当に嫌ですねi-201
悪いウワサほどすぐに広まっていきますもんねーi-195
しかも結構会社って人の個人的な部分を「ここだけの話だけど・・」って感じでバラしちゃいますからねーi-202(ちゃんとした上司だったらそんな事は無いだろうけど。)

取引期間が短いと期待できるほどの減額は見込めませんもんね(T_T)
どっちか片方が完済すれば楽になると思うんで、それまでは頑張っていって下さいねi-189
では、クリックしていきまーす♪

2006/02/07(Tue) 07:55 | URL  | ねぴあ #-[ 編集]
ねぴあさん
コメントありがとうございまーすe-343
ここだけの話は絶対「ここだけ」にはならないですよねー。
特に借金なんていったらかなりのネタになっちゃいますからね。
(まぁ、言われても仕方ないことしてきたのですが・・・)
旦那のほうは、なんとかがんばって返済していきます。
2006/02/07(Tue) 17:21 | URL  | モカちん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。