借金生活から脱出しようと決めた二児を抱えるパパとママの日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個人再生
2006年03月13日 (月) | 編集 |
私の個人再生。少し動きが出ました。
と、言ってもほんの少し・・・。

弁護士さんから質問がいろいろ書いてあるものがメールで送られてきて
記入して送りました。

家族構成、家族の氏名、年齢、職業
勤務先
住宅の有無
住宅ローンの残
持っている銀行口座すべて

など、細かいことを聞かれました。

「借金を最初にしたときから今までの借り入れ、返済状況を詳しく記入」
という質問がありましたが・・・
分かりません。としか書けなかった。

カードのキャッシングはいつからしたのかなんて全く覚えてないんです。
借り入れ状況も返済状況も、借りては返し、限度額がいっぱいになったら次のカードで借り入れ・・・返し・・・ということをちょこちょこ繰り返していたので説明の仕様が無い!!

これでいいんだろうか。
でも聞かれてもわからないものはわからない。

少しも把握しないでこんなことを繰り返してたから
あっというまに借金が増えたんだな・・・。
ということがよーくわかりました。

そして、自分のバカさ加減にかなり落ち込みましたよ。

でも、過去のこと悔やんでおちこんでいても仕方が無い。と。
同じ失敗をしないように心を入れ替え前に進んでいきます!!

テレビのCMじゃないですが、
「ご利用は計画的に」
ですよ。

自分の借り入れ状況や、借り入れ総額をきちんと把握していないと
大変なことになります。
気をつけてくださいね。




一押しよろしくお願いします。
  ↓



借金のことで困っていたら・・・専門の先生に相談してみましょう。
よい解決方法を教えてくれます。
最初は相談するのも勇気が要りましたが、相談して、そして法的手段に進んで本当によかったです。
費用はかかりますが、この先莫大な利息を払っていくことを思えば
安いものです。
  ↓
債務整理の専門家に相談相談無料!マル得借金解決ブックも進呈中!

みどり法務司法書士事務所


特定調停連絡協議会



法的手段はどうしてもいやだ・・・。と思う方は、少しでも安い利息の所への借り換えも考えてみましょう。

まずは匿名で仮審査してみませんか?
   ↓
仮審査のことなら審査くん!!


こちらも匿名でできます。
  ↓
自分はいくら借りられる?・・・融資枠を一括提示!!参加型キャッシング比較サイト「くらべる君」





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
NO SUBJECT
こんにちは。
私も任意整理した時に色々聞かれたんですけど、ほとんど覚えてなかったですよ。
過去の通帳があれば、そこから最初の返済日などがわかると思いますので、逆算して最初に借りた日なども何となくわかるかも・・・
モカちんさんの言うとおり「自分の借り入れ状況や、借り入れ総額をきちんと把握していないと 大変なことになります。」ね。ホント、その通りだぁ。反省

2006/03/14(Tue) 12:51 | URL  | ぴんぐ #-[ 編集]
NO SUBJECT
こんにちは~♪
モカちんさんや上のぴんぐさんと同じく、私も最初弁護士相談に行った時には大まかなことしか書けませんでした。
私の場合はハツカレとの時の借金が主なんで、昔の恋愛を振り返りながらしか思い出せなくて・・・
昔の借金を思い返すと、自分のふかいなさにヘコみますよねi-182
でも、これからは借金残高が減るのみなんで、頑張っていきましょうねi-189
2006/03/14(Tue) 17:47 | URL  | ねぴあ #-[ 編集]
NO SUBJECT
ぴんぐさん
過去の通帳見てみたんですが、キャッシングする前に
カード払いで買い物もけっこうしていたのでどれがどれだかさっぱり・・・・i-229
お金に関してかなりいい加減だったと反省するしかないです。なさけないです・・・。
2006/03/14(Tue) 19:40 | URL  | モカちん #-[ 編集]
NO SUBJECT
ねぴあさん
はい。かなりへこんでます・・・。
でもでも、この先には明るい生活が待っている!!
と思ってがんばりますよ~。
そして、絶対同じこと繰り返さないように・・・。
がんばりましょうね。
2006/03/14(Tue) 19:43 | URL  | モカちん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。